• 会社情報
  • 求人情報
  • ショールーム
  • 技術情報
  • FAQ
  • お問い合わせ
-->
テクノフィールド系製品 産業機器用 機構部品 LAMP®
建築金物・家具金物 アーキテリア系製品

トップ > テクノフィールド系製品 > 展示会・イベント情報 > 展示会情報

展示会情報
   
展示会名
第22回 関西機械要素技術展(関西ものづくりワールド2019)

 公式サイト
会 期 2019年10月2日(水)〜4日(金)
10/2、3 → 10:00〜18:00
10/4(最終日)→ 10:00〜17:00
会 場 インテックス大阪
スガツネの小間:5号館 25-15

地図・アクセス方法(公式サイト)
 
展示コーナー 「機能」「デザイン」の視点から人の役に立つ機構部品を数多く開発・製造してきたノウハウを生かし、現場をもっと便利に、快適にする確かな技術をご提供します。

招待券をお持ちでない方は、下記リンクよりお申込み下さい。
入場登録料(5,000円)が無料になります。


 展示会招待券お申し込みページ(公式サイト)



展示内容のご紹介
モーション デザインテック DIRAK
DST製品
パワーアシストヒンジ
モーション デザインテック
DIRAK<br>DST製品
パワーアシストヒンジ
「動き」で装置をグレードアップ

扉や蓋の開閉に、さらなる動きを添えるスガツネならではの技術です。操作性の向上により、作業者のストレス軽減・効率アップ・安全という大きなメリットを生み出します。
取り付けに工具不要!誰でもスピーディに締結できる金物

加工穴にパチッとはめるだけで、工具を使わず簡単・確実に締結できる部品です。ねじと異なり一切ゆるまない構造で、組立時間の短縮と均質化、溶接レスの実現などさまざまなメリットをもたらします。
かるがるひらく
パワーアシストモーション

モーション デザインテック

重量化・大型化する装置カバーも軽い力で開きます。また、扉を閉める時はソフトクローズ機構により、装置に安全性と高級感をもたらします。
詳細はこちら
 
詳細はこちら
 
詳細はこちら
トルクヒンジ各種 ダンパー製品各種 クリックヒンジ
トルクヒンジ各種
ダンパー製品各種
クリックヒンジ
どこでもとまる
フリーストップモーション

モーション デザインテック

モニターやタブレット画面を見やすい角度に、扉や蓋を任意の位置に、それぞれ調整・保持することで、作業性が向上し、安全性をもたらします。
ゆっくりうごく
ソフトモーション

モーション デザインテック

扉や蓋を“ゆっくり・静か”に動かす製品です。ソフトに開ける/閉めるの製品は、装置の開閉に安全性と高級感をもたらします。
カチッととまる
クリックモーション

モーション デザインテック

開閉時に指先に伝わる独特のクリック感です。決まった角度で仮保持するため、扉や蓋のふらつきを抑え、操作性を向上させます。
詳細はこちら
 
詳細はこちら
 
詳細はこちら
モノフラットリンクスヒンジ LAMP
ハンドル・掘込取手
高耐久ウレタンローラー
モノフラットリンクスヒンジ
LAMP<br>ハンドル・掘込取手
高耐久ウレタンローラー
あちこちひらく
ユニークモーション

モーション デザインテック

扉の持ち出し量が、開き扉と比較し約1/2と小さい軌跡で開閉するため、狭いスペースでも扉を空けたまま作業が可能です。
Toughness & Beautility HANDLE

様々な使用環境に耐え得る《 強さ : Toughness 》 と、操作感を追求して生まれた《 機能美 : Beautility 》 を併せ持つハンドルです。
搬送システムに最適な
ウレタンローラー


従来のウレタンローラーと比較し反発弾性に優れ、変形幅が小さいので内部蓄熱が少なく、劣化しにくい特徴があります。
詳細はこちら
 
詳細はこちら
 
詳細はこちら
ハイジェニック製品 Darcorキャスター 電動昇降装置
ハイジェニック製品
Darcorキャスター
電動昇降装置
衛生的、清潔な環境を実現

スガツネのハイジェニック製品は、食品工場、医療現場をはじめ、衛生管理が求められる様々な環境で活躍します。
ソリッドエラストマー車輪


従来の約1/3の始動性により作業効率をアップし、作業者の背中や腰の負担を大幅に軽減します。また、フォークリフトレスによる維持費の節約にも繋がります。


リモコン1つでお好みの高さに調整

テーブルの高さをお好みの位置に合わせることで、作業効率がアップ。学校や研究施設の実験台・OAテーブル、医療や美容関連の機器・診察台にオススメです。
詳細はこちら
 
詳細はこちら
 
詳細はこちら
スガツネ工業株式会社  大阪支店 テクノフィールド事業部
TEL:06-4790-1122(代)  FAX:06-6942-8877
 
戻る

PAGE TOP