• 会社情報
  • 求人情報
  • ショールーム
  • 技術情報
  • FAQ
  • お問い合わせ
-->
製品情報
建築金属・家具金物 アーキテリア系製品
産業機器用 機構部品 テクノフィールド系製品

トップ > 技術情報 > 照明の基礎知識 用語

技術情報

  • 光束
  • 光度
  • 輝度
  • 照度
  • 立体角
  • 配光曲線

照明の基礎知識 用語技術情報トップページへ

用語(英語表記) 単位 説明
こうど
光度
luminous intensity
カンデラ
cd
ある方向に向かう光の強さ。
ランプが発するある方向に向かう単位立体角あたりの光の量。
SI単位。
こうそく
光束
luminous flux
ルーメン
lm
光の量。
ランプが発する単位時間あたりの光の量。
ランプから放射される光の量を表すときに使われる。
SI単位。
しょうど
照度
illuminance
ルクス
lx
照らされた面の明るさ。
照らされた面の単位面積あたりの光の量。
SI単位。
きど
輝度
luminance
カンデラ毎
平方メートル

cd/m2
ある方向から見た光源の光の強さ。
ある方向に進む光に垂直な単位面積あたりの光度。
こうそくはっさんど
光束発散度
luminous exitance
ルーメン毎
平方メートル

lm/m2
人の目に感じる明るさ。
物体から発散される、単位面積あたりの光の量。
ランプこうりつ
ランプ効率
luminous efficacy of a lamp
ルーメンパーワット
lm/W
ランプが消費する電力当りの光の量。
ランプから発する単位電力あたりの光の量。
照明器具の経済性を考えるひとつの目安になる。
いろおんど
色温度
color temperature
ケルビン
K
自然光の色を表すための尺度。
ある光と等しい色度(照明の基礎知識参照)を持つ、黒体(受けた光を完全に吸収する仮想物体)の温度をその光の色温度という。
数値が低いほど黄みを帯び、高くなるにつれ白→さわやかな青みがかった色になる。
光の色にはLEDの出す色やフィルターを使って作られた自然光以外の色があるが、これらの色は色温度では表せない。
へいきんえんしょくひょうかすう
平均演色評価数
color rendering index
アールエー
Ra
照明で見た物体の色が基準光(自然光)で見た色とあっている程度。
8つのカラーチャートを使ってその差を平均化したもの。
基準光と同じ見え方をしたときを100として、差が大きくなるにつれて値は小さくなる。100に近い程演色性が高い。
色温度差のある光源間でRa値のみの比較はできない。
りったいかく
立体角
steradian
ステラジアン
sr
球の半径の自乗に等しい面積が作る球面上の部分の中心に対する立体角。
SI単位。
はいこうきょくせん
配光曲線
distribution curve of
luminous intensity
光が空間の各方向へどのくらい配光されるかを表した線。
光の強さの分布を表す。
でんあつ
電圧
voltage
ボルト
V
電気を押し出そうとする力。
基準点からの電位差。
SI単位。
でんりゅう
電流
electric current
アンペア
A
電気器具に仕事をさせるもととなる量。
回路に流れる単位時間あたりの電子の量。
SI単位。
でんりょく
電力
electric power
ワット
W
電気器具ができる仕事の大きさ。
単位時間あたりに消費するエネルギーの量。
電圧(V)×電流(A)で計算できる。
でんりょくりょう
電力量
electric energy
ワット時
(ワットアワー)

Wh
電気器具が使ったエネルギーの量。
ある電力の電気機器を何時間使ったかを表す量。
電気の使用量、電気料金の算定に使う。電力(W)×使用時間(H)で計算できる。
こうりゅう(エーシー)
交流(AC)
alternating current
時間に対してその大きさが周期的に変化する電流、電圧の総称。
ちょくりゅう(ディーシー)
直流(DC)
direct current
時間に対してその大きさが変化しない電流、電圧の総称。
トランス/へんあつき
トランス/変圧器
transformer
交流の電圧を変える電気機器。
巻線トランスと電子トランスがある。
エーシーアダプター
ACアダプター
AC adapter
交流電源から直流電源を作り出す装置。
コンセントは交流電源なので、直流電源が必要な機器のために使用する。
単位立体角:1sr(1ステラジアン)
単位時間:1s(1秒)
単位面積:1m2(1平方メートル)
単位電力:1W(1ワット)

PAGE TOP

照明の基礎知識 用語 (図解)

W(ワット)、lx(ルクス)、lm(ルーメン)、cd(カンデラ)、K(ケルビン)など、光やランプに使われる単位はいろいろありますが、すべて別々の意味をもっている単位です。

光束(lm:ルーメン)

光の量。ランプから1秒間に放射される可視光の総量のこと。

光源 光束(lm)
太陽光 3.6×1028
白熱電球 40W 485
白色蛍光ランプ 40W 3,000
水銀ランプ(蛍光系)400W 22,000

光度(cd:カンデラ)

ある方向に向かう光の強さ。上のイラストでは、矢印が長い程光が強いことを表している。光度は方向によって異なる。立体角1srに光束1lmがあると、光度1cd。

光源 光度(cd)
太陽光 2.8×1027
白熱電球 40W 40
白色蛍光ランプ 40W 330
水銀ランプ(蛍光系) 400W 1,800

輝度(cd/m2:カンデラ毎平方メートル)・光速発散度(lm/m2ルーメン毎平方メートル)

ある方向からみた物の輝き。光度に垂直な面積1m2あたりの値。一般に、発光(反射、透過)面の明るさの程度を表す。
右のイラストでは、床面と白い紙の輝度は、白い紙の輝度の方が高い。
また、光束の面積1m2あたりの値を光束発散度と呼び、人の目に感じる明るさを示す。

光源 輝度(cd/m2)
太陽光 1.65×109
白熱電球(100Wクリア) 4×106
白色蛍光ランプ 40W 9,000
水銀ランプ(蛍光系)400W 1×105

照度(lx:ルクス)

照らされた面の明るさ。照らされた面の面積1m2あたりに入射する光束(量)。面積1m2の面に光束1lmが照射されると照度1lx。
右上のイラストで、床面と白い紙の上の照度は同じ。


立体角(sr:ステラジアン)

球の中心を頂点とし、その球の半径の自乗と等しい面積を、その球の表面上で切り取る立体角。
立体角1srに光束1lmがあると、光度1cd。

配光曲線

光がどの方向にどの程度の強さで発しているかを示す曲線。また、配光曲線上で最も大きな光度を最大光度という。


電圧、電流、電力、電力量

2つの水槽をパイプでつないだ場合、水槽に同じ量を入れ、同じ高さに置けば、水は流れない。しかし、片方の高さを高くすると、高いところの水の方が水圧が高くなるため、低い方に水が流れる。電気も、2つの点が同じ電圧だと電気は流れない。片方の電圧が高いと、はじめて電気が流れる。電気を流すためには、電圧の高低差(電位差)を作ることが必要になる。
電圧、電流、電力、電力量

直列と並列

2つの水槽から流れる水流の水圧を、水槽の並べ方で比べると、縦一直線につなげた直列の方が、横に並べた並列に比べて水圧が高くなる。電気も同じで、2つの電池から流れ る電流の電圧を、電池の並べ方で比べると、縦一直線につなげた直列の方が、横に並べた並列に比べて電圧が高くなる。
直列と並列

電圧(V)×電流(A)=電力(W)

電力=電圧×電流なので、右図のように電力は、縦電圧、横電流の四角形の面積と同じ。もとの電圧を必要とする機器の電圧に変えるために、変圧をしなければならない。変圧する電気機器がトランス。
電圧(V)×電流(A)=電力(W)

巻線トランス(変圧器)のしくみ

トランスの中には、1次側(入力側)と2次側(出力側)に導線を巻いたコイルが入っていて、変圧する比率に応じ巻比率が変えてある。また、その容量はそのコイルの銅線の太さと銅線を巻いている鉄心(コア)の太さによって決まる。
電気を巻数の多いコイルから巻数の少ないコイルに流すと電圧が下がるようになっている。逆にすると電圧が上がる。
変圧比率が決まっているので、例えば100Vを10Vにするトランスに110Vを流すと11Vに変圧される。
巻線トランス(変圧器)のしくみ

LEDの寿命について

LED光源の設計寿命[初期の明るさ(光束)が70%になるまでの時間]は、一般的に30,000∼40,000時間とされています。また「LED光源」の設計寿命は「LED照明器具」の設計寿命とは異なり、製品の寿命を保証するものではありません。

技術情報トップページへ

PAGE TOP