• 会社情報
  • 求人情報
  • ショールーム
  • 技術情報
  • FAQ
  • お問い合わせ
-->
アーキテリア系製品 家具金物・建築金物 LAMP®
産業機器用 機構部品 テクノフィールド系製品

トップ > アーキテリア系製品 > 展示会・イベント情報 > イベント情報

イベント情報
    スガツネ 80th Anniversary 新作発表会(名古屋)セミナー
    会場:六郷コミュニティセンター  住所:愛知県名古屋市北区大曽根3-15-90
"最新トレンドにいち早く触れるチャンスです"
80th Anniversary 新作発表会において、セミナーを開催します。
著名な方の講演を始め、海外メーカー、CADソフト説明などの多彩なプログラムを用意しております。
〔事前登録制 定員各30名、聴講無料〕
応募者多数の場合には抽選とさせていただきます。ご了承ください。

セミナーは大盛況のうち終了いたしました。多数のご来場ありがとうございました。
「最新LED光源(電球型・FL型)の応用事例とLED光源サイエンス」 「欧州における先進のトータルデザイン」 「人間工学設計“キャスター”による現場での作業効率改善、リフトレスのサポートをいたします!」 「3次元CAD導入における、設計コスト削減からトータルコスト削減へつなげるライブラリセミナー」
 
4月20日(火) 「最新LED光源(電球型・FL型)の応用事例とLED光源サイエンス」
DLEDA理事長
小林治彦氏

 WEBサイトはこちら


CPD認定プログラム
芦屋生まれの鎌倉育ち。中学、高校、大学を自由学園で過ごし、「人の上に立つ人を育てる」教育を学ぶ。卒業後はディスプレイデザインを志し、株式会社乃村工藝社に入社、大阪、沖縄、筑波、横浜の万国博覧会に従事、その後商業施設、文化施設で施設創りを、セールスプロモーション部門でマーケを学び、定年前の15年間は見本市・展示会主催者事業を歴任した。定年後、LED光源(照明)の拡大を予知し、LED照明普及協会を設立、昨年6月一般社団法人LED光源普及開発機構として社団化、LED光源の普及、開発を推進している。北鎌倉では鎌倉の歴史旧跡(円覚寺境内帰源院)に住むメリットを生かし、「北鎌倉はるけん工房」を運営し、文化的特長あるライブイベント、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」や「デジタル掛け軸」のディレクションを歴任している。

【セミナー概要】
蛍光灯型LED光源入札課題と日本人の「明るさ感」を検証します。
 照明製品紹介ページはこちら
 ページトップへ
 
4月21日(水) 「欧州における先進のトータルデザイン」
ディーライン社
(デンマーク)




CPD認定プログラム
〜欧州建築のトレンドとトータルコーディネート〜
ステンレスでも特に防錆に効果のあるSUS316を基調とした製品構成をもつデンマークのメーカーです。公共物に使われる金物をすべてステンレスでトータルデザインできる製品構成は、世界各国の建築デザイナーに高い評価を受けています。

【セミナー概要】
d line製品はデンマークの王立建築デザインアカデミー、ナッド・ホルシャー教授による建築工学に裏付けられたトータルデザインが施されています。彼により手がけられた、レバーハンドル・フック・戸当りなどのハードウェア、タオル掛け・石鹸受けなどのバスルームアクセサリー、そして廊下や階段を引き立てる手すりシステム「バラストレイド」。これらの建築金物にこめられた先進のトータルデザインを、d line社より講師を招き、欧州建築の最新トレンドを交えて詳しくご紹介いたします。
 d line製品紹介ページはこちら
 ページトップへ
 
4月22日(木) 「人間工学設計“キャスター”による現場での作業効率改善、リフトレスのサポートをいたします!」
ダーコ社
(カナダ)
ダーコ社は1931年創業のキャスター専門メーカーです。人間工学の原理を応用し、始動性の高いキャスター、切子や油に強く床面を汚しにくい車輪を提供することで、お客様の利益と製造・職場環境の向上に貢献し続けています。

【セミナー概要】
製造現場において、初期投資費用に捕らわれ、不適切なキャスターを選んでしまうことにより、従業員の健康を害してしまう、または製造ラインが停止してしまうといった問題を引き起す恐れがあります。それは結果的に莫大な費用負担へとつながります。ダーコキャスターがそのような問題を防ぐために、どのような貢献ができるのか、具体例を交えご紹介いたします。
 重量用キャスター紹介ページはこちら
 ページトップへ
 
4月23日(金) 「3次元CAD導入における、設計コスト削減からトータルコスト削減へつなげるライブラリセミナー」
キャデナス
ウェブツーキャド
【セミナー概要】
近年、ものづくりにおいて、3次元CADによる設計の注目度は年々高まりつつあります。 しかしながら、3次元CADを導入したにも関わらず、本格稼働までに時間がかかる、本格稼働できていないことが問題になることがあります。その中の原因 の一つとして部品ライブラリデータの構築があります。 3次元CAD導入により実際に起こりうる問題点と、本格稼働実現のために何が必要か? そしてスガツネ工業が提供する3次元CAD配信サービスについてご紹介いたします。 さらに、設計工数削減のためのライブラリ構築だけでなく、トータルコスト削減をするためのライブラリの構築システムについて、詳しく解説いたします。
 CADデータ紹介ページはこちら
 ページトップへ
スガツネ工業 名古屋ショールーム
TEL:052-982-1122(代)

PAGE TOP