• 会社情報
  • 求人情報
  • ショールーム
  • 技術情報
  • FAQ
  • お問い合わせ
-->
アーキテリア系製品 建築金物・家具金物 LAMP®
産業機器用 機構部品 テクノフィールド系製品

トップ > アーキテリア系製品 > 展示会・イベント情報 > イベント情報

イベント情報

 東京ショールームリニューアル記念 新製品発表会 特別プログラム セミナーのご案内

アーキテリア系

本セミナーは事前登録制です。

お申し込みはこちら

ご好評により、お申込みを終了とさせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。

9/2(水)〜9/4(金) テクノフィールド系セミナーはこちら

愛知県立芸術大学・デザイン学科を卒業後、株式会社スーパーポテトを経て、1996 年に独立。橋本夕紀夫デザインスタジオを設立。
建築、インテリア、プロダクトなど多彩な分野のデザインアスリートとして活躍。
デザイン設計された世界の名門ホテル『ザ・ペニンシュラ東京(日比谷)』をはじめ、『相田みつを美術館(有楽町)』、『Billboard Live Tokyo(東京ミッドタウン)』、『スーパークラフトツリー(東京スカイツリー4 F)』などにおいて、“伝統と開発”、“空間に空気の流れ”など独自の橋本ワールドを創出している。

【セミナー概要】

 “伝統の中には新しいものを創造するためのヒントがたくさん隠されている。例えば日本の伝統的な折り紙はミウラ折りとして、人工衛星の開発に活かされようとしたり、飲料缶の構造に使われたりしている。このように伝統という宝の山を掘り起こすと、今までに見たことがないような新しい技術やデザインをたくさん発見することができる”
古くから伝わるものを否定するのではなく、むしろそれらを深く掘り下げることによって新しい価値観が生まれ、可能性が広がっていくと言われる橋本氏。その熱い想いを自らの作品事例などをクローズアップしながら紹介していただきます。

会場/特設会場(スガツネ工業 東京ショールームから徒歩5分)


CPD認定プログラム

お申し込みはこちら

ご好評により、お申込みを終了とさせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。

ページトップへ

大阪府生まれ。京都工芸繊維大学工芸学部住環境学科卒業後、菊竹清訓建築設計事務所を経て、1999年イン・ハウス建築計画を設立。
住宅やリゾート施設の設計監理をはじめ、「人と空間の交渉人」としてテレビや講演等でも活躍中。
2003年住まいのリフォームコンクール・住宅リフォーム推進協議会会長賞受賞。著書に「暮らしやすいリフォームアイデアノート」、「驚異のリフォーム・リノベーション術」(共にエクスナレッジ)など。

【セミナー概要】

昨今少子高齢化が加速し、新築需要の減少で、ストックの活用や空き家対策が急務となっています。住まいを新しく造るのでなく、すでにあるものを生かしながら、未来に引き継いでいかなければなりません。
そのため建築家は、単に格好良いプランを描くだけでなく、建て主の生活により深く関わり、暮らしそのものをデザインしていく能力が求められています。
そこで「大改造!!劇的ビフォーアフター」8回出演をはじめ、数多くの家族と住まいの問題を解決してきた経験から、住宅と環境の価値を最大化するリフォーム術をご紹介するとともに、ストック社会におけるこれからの建築家に求められる役割についてお話しししていただきます。

会場/特設会場(スガツネ工業 東京ショールームから徒歩5分)


CPD認定プログラム

お申し込みはこちら

ご好評により、お申込みを終了とさせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。

ページトップへ

オフィス、集合住宅、商業施設、学校など話題の建築物の設計・監理に携わって時代のけん引的な役割を担う。
2014年の日本建築学会賞をはじめ名高い賞を数多く受賞。
コンピュータを使った三次元設計手法などを説き、その熱い想いを『業界が一変するBIM建設革命』(日本実業出版)などで紹介している。

【セミナー概要】

今、建築業界が抱える難題を解くカギが「なぜBIMなのか」の書き出しで始まる図書『業界が一変するBIM建設革命』は、建設ビジネスの行く手に強烈な援軍となりました。プロフェッショナル建築デザイナーとしての熱い想いを、自ら制作されたデザイン事例などに触れながら紹介していただきます。

*BIM:Building Information Model

会場/特設会場(スガツネ工業 東京ショールームから徒歩5分)


CPD認定プログラム

お申し込みはこちら

ご好評により、お申込みを終了とさせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。

ページトップへ

Q-railing社のドバイ支社を拠点に中東・東アジアの事業推進を担当している(ドバイには5 年間駐在)。あらゆるプロジェクトの企画や設計に携わり、建築家・ゼネコン・コンサルタントにアドバイスをしている。
Q-railing製品を使った大型物件の実績もあり、ヨーロッパの最新の手すり技術による製品とノウハウを提案している。

【セミナー概要】

近年ヨーロッパのトレンドで主流となった自立ガラスフェンスについて、最先端のイノベーション、Q-railing社新製品『Proタイプ』を紹介します。手すり用金物の専業メーカーならではの視点で自立ガラス手すりの魅力を解説し、インスピレーションを刺激する世界各国の施工例を紹介していただきます。

会場/特設会場(スガツネ工業 東京ショールームから徒歩5分)


CPD認定プログラム

お申し込みはこちら

ご好評により、お申込みを終了とさせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。

ページトップへ

商業空間から環境空間まで、世界を舞台に活躍するスペースデザイナー。
『マンダリンオリエンタルホテル東京メインダイニング』をはじめ『新丸ビル』の環境デザイン、『サクララウンジ(羽田空港JAL国際線)』を手掛けている。
また、国際的に名誉あるアワード『Restaurant & Bar Design Awards 2014』のバー部門大賞を日本人で初受賞すると共に、アジアの5つの海外アワードと3つの国内アワード、計8つのアワード、9つのタイトルを受賞した『W広州FEI』(中国・広州)が国内外から注目を集めている。

【セミナー概要】

残る空間から残していくべき空間へ。生命力あふれる息づく空間への想いを込めた『Restaurant & Bar Design Awards 2014』、『W広州FEI』(中国・広州)などを事例に、スペースデザインのこれからの方向性を示唆していただきます。

会場/特設会場(スガツネ工業 東京ショールームから徒歩5分)


CPD認定プログラム

お申し込みはこちら

ご好評により、お申込みを終了とさせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。

ページトップへ

ホテルのデザインを中心に日本のみならず、海外での経験もあるインテリアデザイナー。
オークラ千葉ホテル・ホテルニューオータニ本館・東京ミッドタウンリッツカールトン東京・オークウッドレジデンス・沖縄ハーバービューホテル・ラトゥール代官山・ソラリア西鉄銀座・小浜島はいむるぶし・鳥羽国際インペリアルルーム・メトロポリタン池袋など数多く手掛けている。

【セミナー概要】

ホテルの金物事情をお話していただきます。
デザイナーの仕事をしていると図面作成時に必ず決めなければならないアイテムがあります。
インテリアに入れる金物、建具表に入れ込む金物、FFEに入れ込む金物などなど、自分はいつもこれにしているものもあれば、デザインに合わせて探すものなど探す時間は楽しくもあり辛くもあるものではないでしょうか。昨今日本を意識したデザインの金物など興味をそそられるものが多くなりましたので日本を意識したデザインとホテル金物についてお話ししていただきます。

会場/特設会場(スガツネ工業 東京ショールームから徒歩5分)


CPD認定プログラム

お申し込みはこちら

ご好評により、お申込みを終了とさせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。

ページトップへ

神奈川県生まれ。筑波大学芸術専門学群環境デザインコースを卒業後、益子アトリエを経て、1994年安嗣建築設計事務所を設立。2002年第18回吉岡賞を「牛久のギャラリー」で受賞。 時代の流れに左右されない堅実な設計手法は高く評価されている。
主な著書/「堀部安嗣の建築 form and imagination」(TOTO出版) 「堀部安嗣作品集 Architecture」(平凡社)

【セミナー概要】

たとえば大海原に小さな魚船が浮かんでいる風景を想像してみます。人工物が大きく雄大な自然の存在を強調し、自然の中にある人間という動物の慎ましやかな営みの様がある気高さと崇高さを表すようにも感じられます。
本来、自然と人工物とはこのような関係にあったように思います。もう一度人工物である建築が人にとって自然にとってこのような関係を生み出す存在にならないだろうか。そのようなことを自らの事例と共にお話ししていただきます。

会場/特設会場(スガツネ工業 東京ショールームから徒歩5分)


CPD認定プログラム

お申し込みはこちら

ご好評により、お申込みを終了とさせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。

ページトップへ

福岡県生まれ。九州芸術工科大学芸術工学部工業設計学科を卒業後、大手企業のインハウスデザイナーを経て、1994年STUDIO KAZ設立。 以来600件を越すオーダーキッチンのデザインや、リノベーションをはじめとした空間デザインを行っている。「キッチンスペースプランニングコンテスト」や「住まいのインテリアコーディネーションコンテスト」など受賞歴も多い。

【セミナー概要】

日本における「システムキッチン」は1973年にクリナップが東京のショールームに試作展示されたドイツ風「ビルトインキッチン」から始まります。
そのシステムキッチンが本格的に家庭に普及しはじめたのは1980年代後半ですが、そこの約25年の間にほとんどの家庭にシステムキッチンが導入されました。
しかし日本人の生活スタイルは変化しており、これまで通りのキッチンは既に古いシステムだと思います。
そこで、オーダーキッチン、企業のキッチンコンサルティングなどで豊富な経験を持つSTUDIO KAZの和田氏に、ご自身のプロジェクトや2015年1月にケルンで開催された『Living Kitchen』の視察から、これからのキッチンのあるべき姿、新しい間取りの考え方等をお話いただきます。

会場/特設会場(スガツネ工業 東京ショールームから徒歩5分)


CPD認定プログラム

お申し込みはこちら

ご好評により、お申込みを終了とさせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。

ページトップへ

スガツネ工業 アーキテリア事業部
TEL:03-3864-1122(代)

PAGE TOP